Information

前回、油脂についてご紹介しましたが、今回は5つの種類の油について詳しくご紹介します♪

 

✿油の種類

脂肪酸には、大きく分けて飽和脂肪酸(ステアリン酸・バルミチン酸・トランス脂肪酸

不飽和脂肪酸(オレイン酸・リノール酸・αリノレン酸)があります。

①積極的に摂ってほしい油

α-リノレン酸

肌にハリやうるおいを与えてくれる油です。

熱に弱く、非常に酸化しやすい油なので

ビタミンCやEと一緒に摂取するのがオススメです!

サラダのドレッシングなどでもOKです。

老化防止・アレルギー症状を緩和します。

油では、亜麻仁油・えごま油など

②ほどほどに摂ってほしい油

オレイン酸

オリーブオイルやアーモンドオイルなどに多く含まれています。

動脈硬化を予防する効果が期待できます。

酸化しにくく、 熱にも強いので加熱調理に向く油です。

悪玉コレステロールの酸化を抑制します。

善玉コレステロールは下げません。

061 062

③摂りすぎ注意な油

リノール酸

総コレステロールを低下させる働きを持つので、

摂りすぎてしまうと善玉コレステロールも低下します。

その結果、血中の悪玉コレステロールが増えて、

血栓をつくる原因となります。

そうすると肌に必要な酸素や栄養が送られなくなり、

肌荒れや老化を招いてしまいます。

必須脂肪酸ですが、摂りすぎないように意識しましょう。

摂りすぎるとアレルギー症状が悪化しやすくなる場合もあります。

④気をつけて摂ってほしい油

ステアリン酸・バルミチン酸

血中のコレステロール中性脂肪増やす働きがあります。

中性脂肪が増えると肥満や血栓形成の原因となります。

また肌荒れや老化を招く原因となってしまいます。

肉類や乳製品は肌の構成に必要なタンパク源になりますが、

摂取のしすぎに注意しましょう。

ココナッツ油、ラード、バター、綿実油など

063 064

⑤控えてほしい油

トランス脂肪酸

油脂を加工する際に生じるもので、スナック菓子・焼き菓子、揚げ物・加工食品に多く含まれます。

悪玉コレステロールを増やします。増えた悪玉コレステロールが細胞を傷つけ、老化や生活習慣病のもとになります。

また酵素の活性化の阻害因子になります。

065

 

今回は簡単に油脂の種類をご紹介しましたが・・・実は意外とたくさんあります!(>_<)

この機会に意識して油を摂ってみて下さいね!ヽ(^o^)丿♪