Information

暖かくなってきましたね。

これから、ますます気温が上がりますね。

今から夏バテ対策に!美容のために!健康のために!

食事に夏野菜を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

pickup 夏野菜とは?
旬の野菜にはいいことがいっぱい!
安くて栄養満点!そして美味しい❤
夏ダメージを修復してくれる心強い味方です(^○^)
夏野菜といえば…何を思い浮かべますか?

042501

 

0-72

夏は暑さや紫外線などのストレスにより、活性酸素のダメージを
受けやすい季節です。
リコピンやβカロテンには有害な活性酸素の働きを
抑える抗酸化効果があると言われています。
リコピンはビタミンEと一緒に摂取すると吸収がよくなります。
ビタミンE、βカロテンを効率よく摂りいれるなら油を使った料理がオススメ!

 

きゅうり1本

利尿作用があり、腎臓の働きを助けてくれます。
血圧を正常に保つ効果が期待できます。
ビタミンCを壊す性質のあるアスコルビナーゼという酵素が
含まれていますが、酢に加えたり、加熱すると酵素を抑えられます。

 

nasu_eggplant

紫色の皮にポリフェノールの一種「ナスニン」が含まれています。
活性酸素の働きを抑制し、ガンの予防効果に期待されています。
ナスニンは水溶性なので、水にさらし過ぎないようにしましょう。
ビタミンCの多い食材と合わせるとより効果的です。
油の相性が良く、渋味をなくしてくれます。

 

081847

良質のたんぱく質のほか、カルシウムやカリウム、ビタミンC、
葉酸なども含まれており、栄養豊富な食材です。
メチオニンがアルコールの分解を促進してくれます。
但し、カロリーもプリン体もあるので、食べ過ぎは注意!

 

045432

野菜の中では意外とカロリーがあります。
糖質や豊富なアミノ酸、食物繊維があり、栄養満点!
疲労回復に効果的なビタミンB1、B2を含んでいます。
加熱に弱いビタミンB群ですが、
とうもろこしは茹でても損失が少ないのが特徴です。

 

夏野菜を食べて、夏に備えましょう!

次回は食事から夏ダメージの対策法をお伝えします(^^♪