Information

 

残暑もようやく和らぎ、朝夕の気温が下がって過ごしやすくなりましたね。

最近、寝つきが悪かったり、疲れがとれないなんてことはありませんか?

もしかして、夏の疲れだけではなく、「隠れ貧血」が関係しているのかもしれません。

女性の2人に1人が隠れ貧血の可能性があると言われています。

今回は貧血についてお話しします。

貧血icon 貧血のサインって?  
 

顔色が悪かったり、めまいを起こすなどのイメージがありますが、

肩こりや倦怠感、肌荒れ、息切れ、爪が割れやすいなど様々です。

02
貧血icon

貧血にもいろいろ

 
 

1番多い貧血は「鉄欠乏性貧血」です。

他にもビタミンや葉酸が不足することによる「悪性貧血・巨芽赤血球性貧血」や骨髄での赤血球合成不足による「再生不良貧血」など病気が原因の貧血もあります。

女性は月経や出産時の出血など男性より貧血になりやすいです。

0-42
貧血icon

何で貧血になるの?

 
 

過度のダイエット偏食過剰な運動などにより、

血液中を流れる赤血球(ヘモグロビン)が少なくなったり未熟な赤血球になると起こります。

貯蓄鉄がなくなると貧血と診断されるため、隠れ貧血(貯蓄鉄の減少)一般的な健康診断の検査では分かりません

sozai_8027
貧血icon

貧血はお肌の大敵!!

 
 

「肌がかさかさする。鏡を見ると顔色が悪いかも」とふと気づくことはありませんか?

貧血になると血液中が酸素不足により、肌がくすんで見えます

また細胞が活発に活動することができないと、

肌のターンオーバーがゆっくりになり肌荒れが治りにくいです。

コラーゲン生成にも関わりがあるため、肌のハリが失われてしまいます。

166780

 

貧血は美容にも深く関係していることが分かりましたね。

次回は食事と貧血について詳しくお話しします。お楽しみに!