Information

春の日差しも心地よく、春の訪れを感じる季節となりました。

紫外線が強くなっている季節です。

今回はファイトケミカルについてお話しします♪

2002 ファイトケミカルで肌が若返る? 246396

 

ファイトケミカルという言葉を聞いたことはありますか?

実はよく耳にするポリフェノールもファイトケミカルの一種で、最近では第7の栄養素といわれ、注目されています。

ファイト(フィト)は植物、ケミカルは科学物質という意味です。

植物が自分自身を太陽の紫外線や病気・害虫などから守るために持っている成分です。

私たちの体の中に入ると野菜と同じように活性酸素のもとになるものから私たちの肌を守ってくれます。

またセラミドを増やす手助けをしてくれたり、免疫力も高めてくれます。

2002

ファイトケミカルのチカラとは?

 

食べ物の色素・香り・アク・苦味(渋味)に多く含まれているファイトケミカル。

約1000種類以上あるといわれています。

今回はその中からいくつかご紹介します。

 

リコピン…紫外線から肌を保護し、シミ・ソバカスの予防。

クロロフィル…殺菌効果により、アクネ菌の阻害効果が期待できます。有害物質の排泄を促進。

アントシアニン…高血圧予防、疲れ目の改善が 期待できます。

ルチン…血行を促し、ビタミンCの吸収率を上げます。脆くなった血管の修復を行います。

クロロゲン酸…血圧調整やがん予防、活性酸素の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

β-カロテン…皮膚の健康維持や免疫力UP、加齢による視力低下の予防。

イソチオシアネート、アリシン…血流改善、消化を助け、代謝を促進。

30

カラダの酸化は老化の敵であり、抗酸化はアンチエイジングには欠かせません!

たくさんの種類の食材を取り入れると相乗効果UP♪

栄養バランスも良いので、ぜひ参考にして下さいね。

次回は保湿についてお話しします(*^^*)